☆ダッフィートラベルへようこそ☆

ダッフィートラベルの愉快な仲間たちが繰り広げる、旅行やディズニー、日々の遊びや生活情報など気になることを紹介するブログです☆

【コスタネオロマンチカで行く日本海クルーズ(2019年8月)】<まとめ③>「コスタネオロマンチカ」のオススメキャビンは!?


ダッフィートラベルへようこそ!ダッフィーです☆

2019年8月26日(月)~2019年9月1日(日)まで、

「コスタネオロマンチカ」で初めてのクルーズ旅行に行ってきました!

旅行中、多くの時間を過ごすのがキャビン(お部屋)☆

「コスタネオロマンチカ」のキャビン選びに後悔していただきたくないので、

ダッフィーの感想(5歳の子供連れ視点)を含めてご紹介させていただきます。

特に、色々と気を遣うことがある小さなお子様連れの方は、

是非、参考にしてみてくださいね☆

「コスタネオロマンチカ」ってどんな船?

「コスタネオロマンチカ」はイタリアの客船☆

カジュアルクラスのカテゴリーに所属するクルーズ船で、

人気番組「マツコの知らない世界」でおなじみの上田寿美子さんもオススメしている注目度の高いクルーズ船なんだ!

  • 総トン数:57,150t
  • 全長:220.6m
  • 全幅:30.8m
  • 乗客定員:1,800名
  • 乗組員:622名
  • キャビン数:789室
  • 就航年:1993年 ※2012年にリニューアル
日本海航路、太平洋航路ともに日本出発のスケジュールも多くて、値段的にもお手頃☆
コスパの高さを売りにしていて、
「コスタネオロマンチカ」でクルーズデビューする人も多いみたいだよ!
  • 大人2名と同室の13歳未満の子供は、2名までクルーズ代金無料(税、チップ別)
  • my first costa 割
といった特別価格が用意されていることも、選ばれる理由の1つかな?

f:id:duffytravel:20190918220413j:plain

「コスタネオロマンチカ」にはどんなキャビンがあるの?

「コスタネオロマンチカ」のキャビンは主に4つ。

  • スイート
  • バルコニー
  • 海側
  • 内側
に分類されるんだ☆
キャビンの紹介はこちらの記事を参考にしてみてね!

キャビンを選ぶポイントは「費用」と「キャビンからの景色」!

「スイート」と「それ以外」では、キャビンの広さや内装、雰囲気が全然違うんだ!

(ダッフィーもスイートの写真を見ただけだけどね・・・。)

また、費用も全然違うから、ちょっと比較対象にはならなさそうだよね。

「コスタネオロマンチカ」を検討している方の多くは、

「バルコニー」「海側」「内側」で悩んでいる方が多いと思うから、

主にその3つを比べてみるよ☆

f:id:duffytravel:20190930185222j:plain

 

比べてみると、「費用」と「キャビンからの景色」の関係がポイントみたいだね!

それぞれのキャビンにどんなニーズがありそうか考えてみたよ☆

バルコニー
  • せっかくのクルーズだし、バルコニーからの景色を楽しみたい!
  • バルコニーで読書、バルコニーでワインなんて優雅なクルーズにしたい!
  • バルコニーでルームサービスの朝食もいいな!
  • バルコニーから満点の星空を見てみたい!
  • 自分のキャビンから出航の瞬間を見てみたい!
バルコニーがあるからこそ!のニーズがありそう☆
費用は多少高めでも、キャビンを満喫したい方は「バルコニー」を選択しよう☆
海側
  • せっかくのクルーズだからキャビンから海を見たい!
  • キャビンにはあまりいなさそうだけど、キャビンから海は見たいな!
  • 内側だと太陽の光がなくてちょっと暮そう・・・。
  • 外の景色を見るならデッキで十分!
  • キャビンから海も見たいけど、費用は抑えたい!
費用とのバランスを考えているニーズがありそう☆
キャビンからの景色と費用、どちらもゆずれない方は「海側」を選択しよう☆
内側
  • 初めてのお試しクルーズだし、できれば費用は抑えたい!
  • イベントや寄港地観光中心で、キャビンは寝るだけ!
  • 費用はかけられないけど、クルーズ旅行をしてみたい!
  • 外の景色を見るならデッキで十分!
予算中心、寝るだけ!というニーズがありそう☆
優先順位が費用、特に「できるだけ安く!」という方は「内側」を選択しよう☆

ダッフィーが泊まった「船首側のバルコニー」はオススメのキャビン!

ダッフィーが今回お世話になった「11F:モンテカルロ」の「バルコニー」はとってもオススメだよ!

オススメのポイントは、

  1. プールやレストランが近く、イベントやショーの会場もやや近め
  2. 乗船時間や下船時間が少し早め
  3. (より船首に近いキャビンだと)バルコニーからキャプテンと話ができる(かもしれない・・・)
是非、参考にしてみてね☆
プールやレストランが近く、イベントやショーの会場もやや近め

プールは11F、レストランやショー、イベント会場は8~10Fに集中しているから、

移動が少なくて済むんだ。

小さい子供がいると、移動が少ない方が楽チンでいいよね☆

f:id:duffytravel:20190918220956j:plain

乗船時間や下船時間が少し早め

スイート>バルコニー>海側>内側の順に乗船時間や下船時間が優遇されるんだ。

寄港地観光など時間が限られている、子供が待つのに飽きてしまった・・・

みたいな場合には、

ちょっとの時間差でも気持ちや行動に余裕が持てていいよね☆

バルコニーからキャプテンと話ができる

これは船首のキャビン限定!

10F船首にはクルーの集まる場所(操舵室?すみません。わからず・・・)があって、

この場所と11Fモンテカルロの船首側のキャビンの下にあたるんだ。

滞在中、ダッフィーのキャビンのバルコニーから、斜め下に何度もキャプテンの姿を見かけたよ☆

つたない英語で話しかけたら、流暢なイタリア語と日本語で返してくれたよ☆

コスタネオロマンチカのキャプテンは、グリーティングイベントが開催されるほどの人気者☆

そんな人気者とバルコニー越しで会話ができるなんて、

子供たちにとっても良い思い出になること間違いなしだよね☆

f:id:duffytravel:20190930071307j:plain

 

今回は「コスタネオロマンチカ」のオススメキャビンについて、ご紹介させていただきました。

読者のみなさん、最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

【コスタネオロマンチカで行く日本海クルーズ(2019年8月)】の旅行記はこちら⇒

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com

www.duffy-travel.com