☆ダッフィートラベルへようこそ☆

ダッフィートラベルの愉快な仲間たちが繰り広げる、旅行やディズニー、日々の遊びや生活に関するお得情報など気になることを紹介するブログです☆2020年は「JGC」修行にチャレンジ!!

国際線の到着空港が突然変更になったらどうする!?発着空港が異なった時に注意すべき3つのポイント!!


ダッフィートラベルへようこそ!

みなさんこんにちは!ダッフィーです☆

 

楽しみにしている2020年6月のオーランド旅行☆

予約済みのJALから「到着空港の変更がありまして・・・」と連絡があったのは、旅行半年前の12月初旬でした。

聞くところによると”到着便が成田空港ではなく羽田空港になる”とのことです。

変更前は”成田発-成田着”でしたが、”成田発-羽田着”に変更になってしまいました。

旅行まで半年もあるので、まだまだ準備前。

「別に気にすることもないよねぇ。」と思っていましたが、よくよく考えてみるといくつか注意しなければならないこともありそうです・・・。

f:id:duffytravel:20191208213035j:plain

そもそもなぜ到着空港が変更になったの?

変更になった理由は・・・

2020年の夏ダイヤ(2020年3月29日~)から新飛行経路の運用が開始され、羽田空港の昼間時間帯の国際線発着が拡大されます。

JALやANAにも発着枠が配分され、それに伴い、路線によっては成田から羽田への移管が進んでいることが影響しているようです。

羽田空港の国際線発着枠が拡大するとどうなる?

羽田空港の国際線発着枠拡大の理由は、急速なグローバル化に伴う空の玄関口としての機能拡張です。

首都圏により近い羽田空港の発着枠が増え、さらに利便性が高まることが期待されます。

それにより、海外からビジネスや観光客が増え、年間約6500億円の経済効果や約4.7万人の雇用増が期待されています。

もちろん発着枠増加に伴う環境への影響も可能な限り小さくするよう、様々な取組を実施されるようです。

JALはどう変わる?

12便(11路線)を増加し、現状の22便から34便に拡大します☆

増える路線は、

  • 北米(ホノルル、シカゴ、ダラス、ニューヨーク、ロサンゼルス)
  • ヨーロッパ(ヘルシンキ)
  • ロシア(モスクワ)
  • アジア(デリー、上海、大連)
  • オセアニア(シドニー)

ビジネスに観光に幅広くカバーできていそうです☆

ANAはどう変わる?

新たに12路線を開設し、さらに2路線を増便します。

新規開設路線は

  • 北米(サンノゼ、サンフランシスコ、シアトル、ヒューストン、ワシントン)
  • ヨーロッパ(ミラノ、イスタンブール、ストックホルム)
  • ロシア(モスクワ)
  • アジア(デリー、青島、深セン)

こちらも幅広くカバー☆イスタンブールなんか気になりますね!

発着空港が異なる時の注意点は?

なるほど羽田空港の国際線発着枠拡大が影響していることはわかりましたが、ここで本題です。

では、発着空港が異なった時には何を注意しなければならないのでしょうか・・・?

よく考えてみれば当たり前のことですが・・・

1.空港までの交通手段はなるべく公共交通機関を使う!

電車かバスなどの公共交通機関を使いましょう

マイカーで行こうものなら成田-羽田間を移動しなければなりません!

また、発着空港が異なることを絶対に避けたい場合は、航空会社から発着空港が異なった旨の連絡をもらった際に、発着空港が同じになるよう便の変更をお願いしましょう

航空会社の都合による便の変更の場合、追加費用はかからずに便の変更が可能です。

その際、発着の時間帯や乗継空港などが変更になるリスクもあるのでご注意を!

2.空港の「コート預かりサービス」は使わない!

コート預かりサービスは「JAL ABC」が主要4空港(成田・羽田・関空・中部)でサービス展開をしています。

このサービスは、例えば冬場、リゾートへ旅行に行く際、出発前に空港でコートを預けることで、現地で余計な荷物(コート)を持たなくても済む・・・というもの。

ちなみに、このサービスの預ける場所と受け取る場所ですが、

  • 成田空港第1ターミナルと第2ターミナル間の移動 → OK
  • 空港間の移動(例:成田空港と羽田空港) → NG

となります。したがって・・・

  • 往路は成田空港からJALを利用、復路は成田空港へANAを利用 → OK
  • 往路は成田空港からJALを利用、復路は羽田空港へJALを利用 → NG

ということになります。

あくまでも同一空港内で使えるサービスなのでご注意を!

3.wifiレンタル業者に注意!

海外でも日本と同じようにPCやスマホを使うのに、wifiレンタルは便利なサービス。

発着空港が異なる場合は、

  • 発着空港が異なっても、受取や返却ができる
  • 空港以外(自宅への郵送など)でも、受取や返却ができる

というサービスを選ぶ必要がありますが、wifiレンタル大手の会社・サービスであれば問題なく対応しています!

終わりに・・・

発着空港が異なっても、慌てずに対応すれば大きな問題はなさそうです。
万が一、航空会社の都合で発着空港が異なってしまった場合は、
  1. 航空会社から便変更の連絡をもらった時点で、便利な便に変えてもらえるようお願いする(航空会社都合による便変更なら無料)
それにより、発着時間帯や乗継便に影響するなど不都合があれば、
  1. 空港に行く際には、なるべく公共交通機関を利用する
  2. (特に冬場)コートなどは預けない
  3. 受取と返却方法が自由に設定できるwifiをレンタルする
のが良いと思います。
 
まぁ発着空港が異なれば確かに不便ですが、
2つの空港を楽しめると思って割り切るのもいいかも知れませんね!
 
読者のみなさん、最後までお付き合いいただきありがとうございました☆