☆ダッフィートラベルへようこそ☆

ダッフィートラベルの愉快な仲間たちが繰り広げる、旅行やディズニー、日々の遊びや生活に関するお得情報など気になることを紹介するブログです☆2020年は「JGC」修行にチャレンジ!!

喉が激痛!「溶連菌」に感染!!世間は新型コロナウィルス感染に警戒してるのに・・・


ダッフィートラベル(@duffytravel)へようこそ!

社長のアレックスです☆

 

世の中が新型コロナウィルスに警戒する中、

パパさんが先日の3連休(3/20~)から「溶連菌」に感染しました。

大切な3連休を棒に振るどころか、このタイミングで空気の読めないことをしてしまい猛省・・・。

さらに気が滅入るほど喉が痛くなった様子です。

外出自粛と言われなくても3日間家で寝たきり。

子供たちともろくに遊べなかったパパさんの様子をレポートしたいと思います。

f:id:duffytravel:20200330162208j:plain

「溶連菌」とは?

「溶連菌」とは主に”のど”に感染する病原菌で、咽頭炎や扁桃炎などを引き起こすようです。

主な症状としては、

  • 発熱(38℃以上)
  • のどの痛み
  • 体や手足に赤い発疹
  • 他、頭痛や腹痛 など

があり、風邪のように咳や鼻水は出ないとのこと。

実際、パパさんの症状は、”発熱””のどの痛み””頭痛”でした。

主な感染経路は飛沫感染、潜伏期間が2~5日程度あるようなので、発症したら家族など身近な人にも警戒をする必要があります。

しっかり治療しておかないと、様々な合併症を続発することもあるようでやっかいな病気です。

感染から回復までの様子

1日目

日中

この日の前々日くらいから、喉のイガイガが気になりつつも日常生活に支障なし。

この日は午前中からお買い物。お昼の食事はハンバーガーとコーラという、喉にはやや刺激が強いものでしたが、問題なく食事も完了。

食事の時に喉の異変が。飲み込むタイミングで喉に激痛が・・・。

喉の痛みのせいか全く食欲はなし。

どころか、喉が塞がっているのか唾を飲み込むのもやっとの思い。

あまりの痛みに、金曜ロードショー「ブラックパンサー」の内容が頭に入ってこないほど。

深夜

あまりの痛みに眠れず。朝になったら病院に行くことを決意。

2日目

AM

喉の痛みは全く引かず。この痛みでは当然朝食も取れず・・・。

熱は37.8℃で頭痛あり。咳や鼻水は全然出ない。

鼻が詰まっているのは花粉症。

 

かかりつけの耳鼻科に行ったら「溶連菌」との診断

10日分の抗生物質と頭痛薬をもらう(10日分っ!?)

菌を完全に撃退する為に、抗生物質を10日分飲み切ることが重要とのこと。

PM

お昼の食事は

  • ゼリー飲料×2
  • 子供のお弁当用のゼリー×3

冷たくて、ツルツル系を欲するものの、うどんはまだハードルが高い・・・。

喉の痛みと頭痛は変わらず、ずっとベッドに横になる。

夜の食事は

  • ゼリー飲料×3
  • 子供のお弁当用のゼリー×3

お昼よりゼリー飲料が増えたけど、食欲や症状はあまり変わらず。

熱が36.8℃に下がった!抗生物質がもう効いたのか、やや良化の兆し?

子供たちはこの状況に興奮しているのか部屋をドンドン楽しそう。

飛沫感染するって言ったのに。頼むからこっちに来ないでくれ・・・。

 

抗生物質が効いたのか?さすがに疲れているのか?

今日は昨日より寝れた。

3日目

AM

抗生物質の力恐るべし!

昨日までの激痛がウソのように引いてきた。

ただずっと横になっているせいか頭は相変わらず重い。

朝の食事は

  • ゼリー飲料×3
  • 子供のお弁当用のゼリー×2

食欲はまだない。そして子供のお弁当用ゼリーもない。

PM~夜

喉の痛みというより、体のだるさと頭の重さで横になっている。

これは寝過ぎの影響もあるのでは?

ゼリー以外食べていないのも良くないと思い、お昼も夜も食事はうどん。

熱は完全に平熱。抗生物質すごいわ!

4日目~

平日になり日常生活スタート。

3日間ほとんど話していないから声がカスカス。

家族への感染もなさそうでひとまず安心。

終わりに・・・

「溶連菌」って子供の病気という勝手なイメージを持っていましたが、子供も大人も関係なくかかるようです。
それにしても、この喉の痛みホントにヤバすぎ・・・。
”食事が喉を通らない”って言葉を地で行ってます。
 しかも、飛沫感染するので周囲にうつさないよう注意が必要です!
 
  • 喉の痛みと発熱(に伴う頭痛)
  • 咳や鼻水は出ない
に要注意!風邪とは症状が違います
そして、病院でもらった抗生物質は必ず飲み切りましょう!!
 
みなさんも気をつけてくださいね!
 
読者のみなさん、最後までお付き合いいただきありがとうございました☆