☆ダッフィートラベルへようこそ☆

ダッフィートラベルの愉快な仲間たちが繰り広げる、旅行やディズニー、日々の遊びや生活に関するお得情報など気になることを紹介するブログです☆2020年は「JGC」修行にチャレンジ!!

TDRが再開したら楽しめるのか考えてみた(前編)!!-そもそもチケットは手に入るの!?-


ダッフィートラベル(@duffytravel)へようこそ!

旅行も行けず、JGC修行もできず・・・仕事以外は暇なダッフィーです☆

 

5/11の上海ディズニーランド再開に続き、

  • 香港ディズニーランド・・・6/18再開予定
  • ディズニーランド(カリフォルニア)・・・7/17再開予定
  • カリフォルニア・アドベンチャー・パーク・・・7/17再開予定
  • マジック・キングダム(オーランド)・・・7/11再開予定
  • アニマル・キングダム(オーランド)・・・7/11再開予定
  • エプコット(オーランド)・・・7/15再開予定
  • ハリウッド・スタジオ(オーランド)・・・7/15再開予定

と、各パーク続々と再開を予定しています!(*1)(*2)(*3

それにあわせてホテルや周辺施設も徐々に再開予定

TDRへの影響を考えると、ディズニーファンのみならず嬉しい話題です。

 

日本では、新型コロナウィルス感染者数が増えたり減ったりですが、

緊急事態宣言解除から東京アラートも解除され、徐々に経済活動も上がり始めました。

TDRも6/1に「イクスピアリ」が再開するなど、TDL/TDSの再開も期待させてくれます。

 

ただし、ニューノーマルが叫ばれる中、

TDL/TDS再開後もこれまで通りに楽しめなさそうな気がするのは、

みなさんも何となくわかっているはず・・・。

 

今回は、TDL/TDS再開後、

  • パークに行きたいけど、そもそも楽しめるの?
  • パークで楽しむのに、どんなことに気をつけないといけないの?

といったことを考えたいと思います!

f:id:duffytravel:20200617143742j:plain

 

上海ディズニーランドをモデルケースに、TDL/TDS再開後の制約を考えてみた!

上海ディズニーランドの再開について、こんな記事がありました。

www.businessinsider.jp

上海ディズニーランドの再開にあたっては、

  • チケットはオンラインで事前購入
  • パークは収容能力の20%で稼働
  • 体温チェック、マスク着用義務化、ソーシャルディスタンスなど「密」を避ける行動

が実施され、これから再開する各パークのモデルケースになっているとのことです。

 

仮にTDL/TDSが再開するとした場合に、

これらの状況をあてはめるとどうなるか考えてみました。

TDL/TDS再開後はこんな感じになりそう!

TDL/TDSが再開し、パークで遊ぶことをイメージした時に考えないといけないことを並べてみました。

  • そもそもチケットは手に入るのか?
  • アトラクションやショーへの影響はあるのか?
  • キャラクターグリーティングはできるのか?
  • レストランで食事は取れるのか?
  • お土産は買えるのか?
  • ホテルに宿泊できるのか?

これらについて考えてみたいと思います。

<論点>そもそもチケットは手に入るのか?

上海ディズニーランドのケースでは、パークの稼働率は収容能力の20%だそう。

TDL/TDSの収容人数は、

  • TDL・・・6.5~7万人
  • TDS・・・4.5~5万人

と言われていることから、各パーク再開後の収容人数は

  • TDL・・・最大1.4万人
  • TDS・・・最大1万人

になる可能性も考えられます。

 

TDL/TDS両パークの1日あたり平均入場者数は約9万人(*4)であることから、

  • 平均入場者数(約9万人)÷合計収容人数(最大2.4万人)=約3.75

となり、チケットの入手倍率は約4倍ってことになります。

 

もちろん、”休日/平日””年パス保有の有無””チケットの購入方法(抽選、先着など)”など検討すべき要素はいくつもあるので、実際の入手困難さは普段の4倍以上になる可能性も・・・。

 

まずはチケットを入手できるかがとても高いハードルになりそうです。

希望日時で取れれば一番嬉しいですけれど、できることなら閑散期の平日を狙いたいですね。

(まぁ普段からそうなんですけど・・・)

終わりに・・・

TDL/TDS再開後も、なかなかチケットが手に入らないという状況が続きそうです。
もしチケットが手に入った時は、
普段の2倍速くらいで全力で楽しみたいですね!
 
次回は、チケットが入手できたとして、
  • パークでは楽しめるのか?どうやって楽しむのか?
といったことを考えたいと思います。
 
読者のみなさん、最後までお付き合いいただきありがとうございました☆